AGA打開に究極の医薬品

AGAに効果的な食事とホホバオイル

AGAとは、Androgenetic Alopeciaの略で日本語では男性型脱毛症のことをいいます。進行性の脱毛症で、年を重ねるごとに髪が薄くなってしまいます。原因は遺伝や男性ホルモンの影響などが主と考えられています。AGAを治療するためには専門的な医師に相談することによって進行を遅らせることができるため、早期に治療を始めることが望ましいとされています。
AGAは専門的に治療が行うことが最も効果的ですが、自宅でのケアも進行を遅らせるためには重要となります。ケアのための食事としては、髪にとって有効なミネラル、育毛にかかせない亜鉛、赤ワインやアーモンドに含まれており毛母細胞を活性化させることが期待できるレスベラトロール、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンなどを意識して食事をとっていくことが良いとされています。また、頭皮環境を悪化させてしまう食事もあり、動物性脂質や糖分などを必要以上に取りすぎると頭皮の皮脂が増えてしまい毛穴の詰まる原因となってしまいます。
このほか頭皮環境を良くするためにオイルを使ってマッサージをすることも効果的だとされています。特にホホバオイルは時間が経っても固まらない不乾性のオイルのため毛穴に詰まらず、溜まった汚れを浮き上がらせて落とし、頭皮や髪の保湿を行います。効果的な使い方としては、ホホバオイルを洗髪前に頭皮全体に塗り、指の腹でマッサージをしながら伸ばしていきます。汚れを浮き上がらせるために15~20分ほど蒸しタオルなどで温め、シャンプーで洗い流します。育毛剤を塗る場合には、洗髪後に塗ることで成分が浸透します。その後に再度ホホバオイルを塗ることによって頭皮の乾燥を防ぐことができます。